PROFILE

profileimg
山本 彌 (やまもと いよ)
多摩美術大学 生産デザイン学科テキスタイル 卒業

 

在学中、テキスタイルとはなにか?を考えているうちに、小さな単位を密集させることでできたものというテーマにたどり着く。
そこから繊維ではない、米粒、種、タマネギ、キュウイ、枝豆、などの素材を密集させる作品を作る。 その後小さな単位を扱っているということでビーズ会社で働く。

27歳の時にひょんな事から明日が当たり前にやってくるとは限らないということを思い知らされ、いつかやりたいと思っていたオブジェの制作を本格的に始める。 米粒や種だった素材は繊維の羊毛やビーズに代わるものの、小さな単位の密集という思いで制作している。

 

 

個展

2012
「孵花展」ギャラリーMalle(恵比寿)

2013
「フドウセイブツ」H.P FRANCE usagi pour toi(原宿)
「絲森展」URESICA(経堂)
「静絲展」美容院kisai(中目黒)

2014
「地中の踊り」H.P FRANCE usagi pour toi(原宿)

2015
「境殻展−kyoukakuten−」Hasu no hana(大田区)

2016
「光呼展-koukoten-」あるぴぃの銀花ギャラリー(さいたま)
「熟零の時」Gallery Malle(恵比寿)

2017
「流響ーリュウキョウー」Hasu no hana(大田区)
「包命展ーホウメイテンー」Gallery QUONA(福岡)

 

グループ展

2012
「場と間vol.03」(原宿)
「花に集う」(渋谷)

2013
「4人展『one ROOM』」HANAわくすい(波佐見)
「BATOMA in NAGOYA」名古屋パルコ(名古屋)

2014
「小林商会×山本彌『幻実展』」ACID NATURE 乙庭(高崎)

2015
「Hasu no hana ART FAIR」Hasu no hana(大田区)
「斧原由季・山本彌 二人展『冬と透』」Art Gallery & English FABulous(世田谷)

2016
「アーティストのブローチ展」Hasu no hana(大田区)
「自然と美術の標本展ー「モノ」を「みる」からはじまる冒険ー」横須賀美術館(横須賀市)
「shape-自然のかたち」URESICA(西荻窪)
「保存展」PARCO DESIGN MUSEUW(池袋)
2017
「自然と人工のはざま」阪急うめだ本店(梅田)
「植物×食物」RIZE UP KEYA(糸島)

 

ワークショップ、イベントほか

2013
「ウインドディスプレイ」H.P FRANCE usagi pour toi(原宿)
「インスタレーション」 Playtime Tokyo(渋谷)

2015
「インスタレーション」梅田蔦谷書店(大阪)

2018
「インスタレーション」 Playtime Tokyo(渋谷)

メディア

2013
雑誌:「作品掲載」装苑8月号

2016
雑誌:「作品紹介」マミフラワーデザインライフ

2017
雑誌:「作品・作家紹介」salvia BOOK&CALENDAR